クロネコ速報

【クロネコ速報】【芸能関係2chまとめサイト】
こんにちは!こんばんは!お疲れ様です!
今日の出来事、最新の芸能情報、スポーツ情報を中心に展開しているブログです!!
毎日更新しているので、気軽に見て行って下さい♬
また、Twitterもしておりますので、フォローもよろしくお願いします(^O^)/

    取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。 記事やツイートの削除依頼などありましたらお知らせください。

    千鳥


    千秋(ちあき、1971年10月26日 - )は、日本の女性マルチタレント(歌手、声優、デザイナー、ものまねタレント、執筆者、作詞家)であり、現在休止中の音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のメンバー(ヴォーカル担当)である。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(エキサイティング・トリガー)所属。
    63キロバイト (9,428 語) - 2019年4月27日 (土) 11:36



    (出典 newnews.in.net)


    きついねーww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/12(日) 23:12:40.67 ID:9TxF3Qu89.net

    タレント・千秋(47)がSNSで、16歳になった娘が、今でも父親であるココリコ遠藤章造(47)と会っていることや、この関係が理解されるまで時間がかかったことを記した。

    千秋は娘について「ありがたいことに、なんでわたしからこんなに純粋な子が?というくらい、素直で明るく、すくすく育っております」と感慨を記し
    「最近は特に触れてはいませんでしたが、娘は今も毎週、パパに会っています。
    離婚してから約12年、シングルマザーの期間約10年を経て、それぞれ色々環境が変わりましたが、
    それとは関係なく、あいも変わらず毎週パパのお家に泊まりに行っています」と明かした。

    2002年に遠藤と結婚し、03年に娘が誕生。07年に離婚した。千秋、遠藤ともに近年に一般人と再婚している。

    千秋は前夫との離婚を「あの時、まだ小さかった娘にとっては寂しい結果を選んでしまったけど、
    だからこそ、その中での一番いい方法を考え、選んだのが『変わらずいつでもいっぱい会えること』でした」と説明した。

    「たったの10数年前ですが」と当時の世間は、離婚すると、子供が父親と会えなくなるイメージが強かったと記し
    「その証拠に、離婚後も週一で会っているのがわかると、すぐに『復縁か』『じゃあなぜ離婚したのか』などと邪推して報道されたりしました」と回顧した。

    不思議がられることが多かったというが、「世の中からは好奇な目で見られることもありましたが、それが娘にとって一番いいと決めていたので、
    学校の行事も授業参観も、出来る限り二人で参加することにしていました」と説明。
    「おかげで、幼稚園では『みんなそこまでパパ来ないのに、苺ちゃんとこだけ逆に両親揃う率が高いよねw』と、みんなに笑われました」とほほえましい様子を明かした。

    やがて周囲にも受け入れられ、娘もさみしがることもなかったといい、
    「そして、忘れてはいけないこと。今も変わらず、毎週娘が会いに行けるのは、わたしの家族と、あちらの家族、そしてその周りの方々、皆さんの理解があってこそです」と感謝。
    「まだまだ子育ては続きます。素敵なレディになれるよう、あと少し、後半戦、頑張ります」と綴った。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/12/0012322802.shtml?pu=20190512
    2019.05.12


    【【注目】千秋、娘は今も前夫・遠藤宅に毎週宿泊しているという事実www】の続きを読む


    千鳥(ちどり) たくさんの鳥。いろいろな鳥。 チドリ科。 地名 千鳥 (大田区) - 東京都大田区にある地名。 千鳥 (浦安市) - 千葉県浦安市にある地名。 大日本帝国海軍の水雷艇。 「千鳥」(初代)(1900年 - 1919年) 「千鳥」(2代)(1933年 - 1944年) 鈴木三重吉の小説。1906年からホトトギスに掲載された。
    2キロバイト (182 語) - 2017年11月7日 (火) 01:46



    (出典 i.ytimg.com)


    面白すぎるな

    1 風吹けば名無し :2019/03/21(木) 12:47:37.84 ID:8Zz7MOhK0.net

    あそこに化け物おるから


    【【ロケ】千鳥のロケでよく見る一番最初に思いついたくだりが面白いwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ