(出典 www.sanspo.com)


凄すぎ!!

1 ニーニーφ ★ :2018/12/02(日) 14:27:34.61 ID:CAP_USER9.net

服部勇馬(25=トヨタ自動車)が2日の福岡国際マラソンで、2時間7分27秒の好タイムを出し、
日本人14年ぶりとなる優勝を果たした。04年尾方剛以来。36キロすぎで外国人選手を突き放した。
20年東京オリンピック(五輪)の代表選考会「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。

夏は米国のボルダーで合宿。2時間6分54秒の自己記録を持ち、
ジャカルタ・アジア大会でも金メダルを獲得した井上大仁(25=MHPS)らと合宿を積んだ。
「マラソンの考え方が甘いと感じた」と振り返る。毎日のコンディション作りなどを自分を見つめ直した。
レース前は「これまでにないぐらいしっかり練習できた。
自分の力を100パーセント出せれば、おのずと結果は付いてくる」と話していた。

最大の目標へ、1歩前進した。東洋大3年時。
箱根駅伝では当時、歴代9位の1時間7分32秒で2区区間賞を獲得したが
「情けない。力が発揮できなかった」と悔し涙を流していた。
その大会へ向けた会見では「しょせん、関東の1番を決める大会」とも言った。
その当時。最大の目標は20年東京五輪のマラソンでのメダルを取ることだった。
まずは10カ月後の運命の一戦への切符を獲得した。進化を続けていく。

https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201812020000399.html


【【快挙達成】福岡国際マラソン 服部勇馬が日本人14年ぶりの優勝 2時間7分27秒でMGC出場権も獲得!!】の続きを読む